家の外観

ヒアリング

建てる前に

住宅を建てるには様々な準備が必要となってきます。
特に設計図がなければ住宅は建てることが出来ません。
しかも施工会社がそのまま下に付いているわけではないのでより細かく設計図を書くしかないのです。
設計図を記入するためには、自分の住宅に対するこだわりをしっかりと確認する必要があるのです。
したがって建築家に注文住宅を依頼する時には、まず自分のこだわりをしっかりとまとめる必要があるのです。
自分のこだわりをしっかりと建築家の方に伝えるようにしましょう。
これからどうしていきたいか、どのような生活を送って行きたいか、自分の送りたいライフスタイルを考えましょう。

打ち合わせ開始

建築家の方との打ち合わせは最初「ヒアリング」から始まります。
建築家の方が依頼者に質問していく形で建てたい住宅について聞いていくのです。
その中でライフスタイルや将来像について建築家の方に伝えましょう。
ライフスタイルやライフプランについて話していくうちに段々と詳しい住宅の内容まで決まってくることがあります。
例えば子供部屋、将来どのぐらい子供部屋が必要になってくるか、質問に答えているうちに自分自身で気がついてくるはずです。
どのような生活をしたいか考えることは、住宅の間取りやデザインに直結していくことが可能なのです。
ヒアリングはこのようにしながら時間をかけて行われていきます。マイホームを建てるためにはこの段階がとても重要になってくるのです。