家の外観

依頼する

注文住宅を建てる

注文住宅を建てたいと考える人は多いでしょう。一から自分のこだわりがたくさん取り入れられている住宅は夢のようです。
その夢を実現するためには、まず建築家やハウスメーカーに依頼する必要があります。
ハウスメーカーと建築家に依頼する違いは掛かるコストと建築の自由度です。
ハウスメーカーは建築家に依頼するよりも一般的に安くなりやすいといわれています。
その訳は基本的に建てる住宅の構造が決まっており、そして工務店も自社施工担っていることが多いからです。
そのためにそこまで細かい製図を描かなくても済み、そしてその分のコストも掛からないということです。
建築家の場合、施工は依頼することになるので一から細かく製図を行う必要があります。
しかし建築家と他のハウスメーカーとの違いは「建築の自由度が高い」ことにあります。
様々な建築を制限なく行いやすいので、とても個性の出た住宅を建てることもできるのです。

建築家の強み

建築家に注文住宅を依頼する場合、地形に対する自由度がとても高いので、どのような土地にでも住宅を建てることができることにあります。
しかしハウスメーカーの場合は建設出来る土地がほぼ決まっている場合が多いです。そのために建築家の方が自由度が高いというメリットがあるのです。
これには建築家とハウスメーカー等の考え方の違いが出ているといってもよいでしょう。
建築家はハウスメーカーや工務店よりも個人個人のライフスタイルに合わせた住宅をたてるという考え方がとても強いのです。
したがっておしゃれなだけでなく実用的な住宅が出来上がっていくのです。